プリンタインクの詰め替えで事故った話

おはこんばんにちは、わしです!
わしはいろんな印刷物を印刷するので最近プリンタを買い換えました!


複合機なんて使いません、プリンタです!
ともあれ、印刷が多いのでインク問題が少々やっかいな話です。
ドキュメントは基本白黒ちょっとしたカラーがあれば十分なので
標準インク?のんのん詰め替えインクじゃ!と言うことです。

古いプリンタがいつまでつぶれないんだとやりまくり、使いまくっていた時の詰め替えインクノウハウはありますが
インクポットと違うので試行錯誤をしてみた記録です。

購入したのはこちら

はい全色で2000円程度です。
しかも数回分あります。

とりあえず、説明書と格闘する!
なるほど、BCI-350XLPGBKとBCI-351XLシリーズはドリルるんるんなわけなぁー

黒インク(BCI-350PGK)をはじめに消化してやる!
インクと私

さっそくドリルだ!
男はドリルと吶喊

ドリルの穴からインクをちゅぅーーーーーっと入れてやれば、簡単簡単
さくさく行くぜ!
世の中はそんなにも甘くは無かった、そのときのわたしは知るよしも無かった…
… ちゅーーーって入れるとある程度でドリルの穴からあふれ出すんだけれども???
とか思っていると驚愕の事態が発生
インクポットを押さえている容器にインクがたまっているんですけれど!
入っていない?漏れている?情報漏洩?一人あたり500円の金券?とか馬鹿なことを考えていました。
そんなこんなの結果 ↓
インク惨状

なんて言うことなんでしょう
あんなにきれいだった机が真っ黒….
匠の手によって、真っ黒

はい、ここで推理をしましょう。
なぜ!インクは漏れたのでしょう?
説明書の通りちゃんとやりました。
頭のいい人ならピンときたでしょう

「とりあえず、説明書と格闘する!
なるほど、BCI-350XLPGBKとBCI-351XLシリーズはドリルるんるんなわけなぁー」(ちょっと前より引用)
はい、BCI-350XLPGBKとBCI-351XLシリーズは
ドリルの穴を空ける前の写真にはなんてあります?
BCI-350PGBK ですね。大容量(XL)では無いんですよ!
他のインクより大きさが倍あるのに大容量じゃ無いんですよ!

インクの注入方法は出口からちゅちゅちゅぅーって補充するんですよ
ドリルはいらないんですよ!
 いや、ドリルはいるけど今はいらないんですよ!
これが正しい注入方法だ!
正しい注入方法

他の色もちゅちゅちゅぅーって入れて、プリンタへセット
でも補充LEDは変わらないんだね;;
表示が変わらない補充LED
ついでにPCの印刷時のインク表示も切れたまま

そして、戦い敗れ命からがら逃げ延びたわしは…
なんじゃこりゃ!!!(言いたかっただけ
なんじゃこりゃ

どうせ水性インクだからいいんじゃ無い?
でも黒は顔料だよ。
まぁーいいじゃないの


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です