MacBook airにてドラクエ10をやっちゃう話

出張である。1週間のちょっぴり長めの出張がある。
そこで問題になるのがほぼ日課であるドラクエ10の日課・週課の消化の問題がある。
MacBook airは出張で持って行くのは決定なのでそれでできれば良いんじゃない?
って事で調べてみた…
とりあえずスペックを書いておく
MacBook Air (13-inch, Early 2015)
2.2 GHz Intel Core i7
8 GB 1600 MHz DDR3
Intel HD Graphics 6000 1536 MB
って事である。3Dゲームは考えようだろうなw

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-22-12-15%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

■ ウインドウズを動かす方法
大きく3つの方法がある。

  1. Boot Camp的に新しいパーティションを切って動かす
  2. エミュレータを使って動かす
  3. 仮想化で動かす

ま、ざっくりこんな感じで動かせる。
ドラクエ10を出張中にできれば良いので今回は仮想化して動かす。

■どの仮想化ソフトを使うか?
Mac上で動かせる仮想化ソフトの代表的なモノはこんな感じかな

ま、勝手知ったる他人の家的にFusion for Macを使うことにした
体験版 30日を利用

■Windows 10の入手
… 仮想化に金なんて払うか!とか言ってもしょうがないのでw
一週間は使えるWindowsを使ってやることにした
Windows 10 Enterprise
はーい、知られていませんが動作検証用のWindows 10 Enterpriseってのがありますのでそいつを使います。
こいつを使うと90日間Windows10を利用できます。
回数は… 調べていないw

■ 設定その他は無視!
VMWareの設定でグラフィックを1024MBから2048MBに変更した。

■ ベンチしまくる
ともあれ、ドラクエ10ベンチを実行しまくった。
ドラクエ10 ベンチマーク

ウィンド表示

低品質 標準品質 最高品質
640×480 3102(普通) 2885(やや重い) 2830(やや重)
1280×720 2320(やや重) 2529(やや重) 2014(やや重)
1920×1080 1867(重い) 1569(重い) 1232(重い)
3840×2160 800(動作困難) 803(動作困難) 726(動作困難)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a
フルスクリーン
※ めっちゃ不安定(終了時に復帰しないなど)
途中で諦めました

低品質 標準品質 最高品質
640×480 2885(やや重) 2905(やや重) 2765(やや重)
1280×720 2054(やや重)
1920×1080 1324(重い) 1339(重い) 1081(重い)
3840×2160 777(動作困難) 723(動作困難)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a
データ不足しているけれどもグラフで傾向は出ているでしょう
TODO : 時間があれば不足を埋める

仮想スクリーン : 1440 x 900

低品質 標準品質 最高品質
1440 x 900 2216(やや重) 1837(重い) 1800(重い)

正直ドワ子の傘は可愛くて好きだけれども、これだけ計測すると飽きてくるw
5分?ほどの測定でなくもう少し短くして欲しいと切に願う…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です