輸入盤 Blu-rayの注意点 悪魔のメッセージ「Licensed solely for US and Canada」の話

さて皆さん、浜村淳です。うそですWATARUです。
みなさんBlu-ray楽しんでますか?
私は輸入したBlu-rayアニメをよく見ます。
正直日本のパッケージと違い1パッケージで1クール(約13話)とかすっごくスマートなのでおすすめです(安いし

( ※ これで2クール Blu-ray 4枚 )

これが可能になったのは、アメリカと日本がBlu-rayのregionが同じ”A”になったためにHappyになりました。

しかし、注意が必要になっております。
輸入パッケージユーザの悪魔のようなエラーメッセージ

「Licensed solely for US and Canada
This disc, its content, and features are not licensed for sale and viewing in this region.」

ハテナ?同じregionなのに地域がUSかCanadaしか駄目なの?
DVDのregionでも確認しているのかな?
とか思っていたら、Power DVDに答えがありました。
Blu-rayのregion設定の上に国って設定(国コード?)があります。
こいつがUSかCanadaでないと再生が出来ないって事をしてやがります。

Power DVDを使っている人はBlu-ray regionの国を変更してやれば再生可能になります(変更回数があるので注意)
そうでない人は??
私はあるけど変更していない人です。

細かいことを書くと逮捕だぁーーー (著作権法違反)
と銭形のとっつぁーんに追われそうなので書きませんが
ヒントを書くとmkv形式に変換すればOKです。(1ソフトです)
その出力したmkvファイルを再生すれば見れます

TVで見たい場合にはmkvを変換すればOKでしょう。決してB○にしてっとか考えないでください

これで暗黒世界の扉が少し開いた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です