NetBeansにてJSON拡張子のPHPを開発する話

JSON 13日の金曜日…
では無く、application/jsonの話です。

わしは疎結合でWeb開発をするのに、JSON形式等を使います。
その辺は近いうちネタにしますが、とりあえず、JSON形式で返却するには.jsonで書くのが常識です。
ともあれ、.json拡張子のままNetBeansで開発を続けるとちょっぴり不都合があります。

  • パーサーがJSONにするのでエラーと表示される。
  • Highlightがダメ。ただのテキスト扱い

対応を調べると、書いてました。さすが世界の英知
Netbeans Quick Tip: Syntax Highlighting and File Extensions (electrictoolbox)

” Netbeans -> Preferences -> Miscellaneous -> Files on a Mac”
はい、シンプルですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-17-0-16-07

application/json から text-x-php5に変更でOKです。

そして!NetBeansを再起動します (※ これ重要 )
これで修正されましたね。

ついでにMacOSXのapacheもjsonをphpの実行に変更させる方法ですが

$vi /etc/apache2/other/php5.conf 

	AddType application/x-httpd-php .php .json
	AddType application/x-httpd-php-source .phps

	
		DirectoryIndex index.html index.php
	

AddType application/x-httpd-phpに.jsonを追加しました。

これで開発が簡単に行えます。

困ったときに参考にしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です